住んでみないとわからない住宅 (1)

こんばんは♪


昼間 蒸し暑かったですね~(^-^;




今日は我が家がたてた、建築設計事務所住宅標準仕様の、暮らしてみてよかったらところを、綴っていこうとおもいます。



すみはじめて、2か月たちました。







私は長野県、東信地方で家を建てました。


夏も普通に暑く、冬はモーレツに寒い地域です。




住宅ローンを35年、それに加えて光熱費に怯えて暮らすのは、旦那も私も正直「私たちには一生、マイホームは無理なのかな」と思っていたところでした。




手取り19万。


私が働いてもその頃には息子が高校受験、そして大学と、出費が家には回せない状況だな・・・と本当に絶望していました。



でも、ローコスト住宅を探し回っても納得のできる住宅が見つからず、そしてこの、


「スターフィールド建築設計」さんに



出会って、家を建てて、まさか、




「旦那が手取り19万でも、私は働かなくていい、もう、十分すぎる生活ができるんだ!」



とホントに「スターフィールド建築設計」さんには感謝しているのです。





まず、スターフィールド建築設計さんの標準仕様は


・外断熱

・オール電化

・蓄熱暖房機1台

・エコキュート

・外壁サイディング14ミリ

・玄関ドア寒冷地仕様

・サッシ エクセルシャノン

全窓オール樹脂Low-Eペアガラスアルゴンガス入り

・キッチン~キッチンハウス~

・トイレ~アラウーノ~

・風呂~totoサザナ~

・化粧洗面台、下駄箱、室内ドア、玄関タイル~サンワカンパニー~

・床~タフユカ~

・24時間換気システム~熱交換タイプ~

・床下エアコンシステム




私たちはこれに


・外構アプローチ

・ウッドデッキ2畳

・表札

・倉解体工事

・準防火仕様

・地盤改良

・2キロのソーラー


もサービス価格で加えてもらいました!


そして実現したのです。



2150万円の300万の頭金、そして1900万の借り入れで、月々返済5.8万円です。



家賃払うのと変わりません。


でも、住みづらかったら、5.8万円だって高くついてしまいます。




しかし、旦那と毎日のように言っていますが、



「私たちにはもったいないくらい、十分すぎる、とってもいい住まい」



なのです。







次回は、窓の性能と快適性能を書いていきます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。